新着情報

ファルージャを失った「イスラム国」の次の一手

2016/06/23 グローバルアナリシス

(1) ファルージャを失った「イスラム国」の次の一手



イラクとシリアで、過激派組織「イスラム国(IS)」から拠点を奪還するための軍事作戦が激しさを増している。

6月17日、イラクのアバーディ首相は、中部の都市ファルージャの大半をISから奪還したと発表。次は北部の要衝モスルをISから奪還する作戦に注力する見込みだ。

一方シリアでは、6月4日にロシアの支援を受けるシリアのアサド政権軍が、ISの「首都」ラッカ市の奪還を目指してシリア西部から侵攻を開始したと発表。このラッカ奪還をめぐっては、シリア北部を勢力圏とするクルド人の部隊も米軍の支援を受けながら北方からの地上作戦を始めている。

続きはこちら