新着情報

シリア和平に向けて軍事介入を開始したトルコ

2016/08/24 グローバルアナリシス

(1) シリア和平に向けて軍事介入を開始したトルコ



■シリアへの越境攻撃を開始したトルコ

トルコ・シリア国境付近の情勢が目まぐるしく動いており、非常に緊迫した状況が続いている。

前号では、シリア内戦をめぐって、トルコがロシア・イラン・アサド陣営との関係を改善し、戦略的な立場を転換し始めていることを詳述。それに伴いトルコ国内でのテロの脅威が高まっていることを指摘したが、20日にトルコ南部ガジアンテップでクルド人の結婚披露宴中に爆発があり、50人以上が死亡、69人以上が負傷する大惨事となった。

これを受けるようなタイミングでトルコ政府は22日、「国境地域からイスラム国の戦闘員を完全に駆逐する」として、シリアへの越境攻撃を開始した。23日の早朝、トルコ陸軍の砲兵部隊がシリア北部の63カ所の拠点に224発の砲撃を実施し、昨年11月にロシア軍機を撃墜して以降初めて、トルコ軍の戦闘機F-16が空爆作戦を実施した。

続きはこちら

旧メールマガジン読者の方へ

海外展開する企業から国際問題に感心を持つ学生の皆さんまで、幅広い読者にご購読いただいている有料メルマガ『国際政治アナリスト菅原出のドキュメ ント・レポート』が、スマホやタブレットでさらに読みやすいアプリ『菅原出 グローバルアナリシス』になりました!

菅原出事務所

Copyright © 2016 Izuru Sugawara. All Rights Reserved