新着情報

モスル奪還めぐり「衝突寸前」のトルコとイラク

2016/10/7 グローバルアナリシス

(1) モスル奪還めぐり「衝突寸前」のトルコとイラク



イラク北部の大都市モスルを、過激派イスラム国(IS)から奪還するための軍事作戦が目前に迫ってきた。

モスル奪還作戦を前にして米軍の攻撃が激しさを増している。米軍主導の有志連合は、最近1ヵ月に実施した空爆作戦で、ISの幹部18名を殺害、そのうちの13名はモスルとその周辺を拠点にし、この地域の諜報活動に携わっていたメンバーだったと見られている。

有志連合軍による一連の空爆のターゲットは、ISの司令官、組織の幹部、外国人戦闘員のリクルーター、首長(アミール)、防衛担当司令官、シューラ(イスラム教の評議会)の幹部らだった。

続きはこちら

旧メールマガジン読者の方へ

海外展開する企業から国際問題に感心を持つ学生の皆さんまで、幅広い読者にご購読いただいている有料メルマガ『国際政治アナリスト菅原出のドキュメ ント・レポート』が、スマホやタブレットでさらに読みやすいアプリ『菅原出 グローバルアナリシス』になりました!

菅原出事務所

Copyright © 2016 Izuru Sugawara. All Rights Reserved