新着情報

ヨルダンにおけるISテロの脅威

2017/1/15 グローバルアナリシス

(1) ヨルダンにおけるISテロの脅威



シリアやイラクでイスラム国(IS)に対する総攻撃が続く中、今年は、IS支配地域から本国に戻るいわゆる「帰還兵」の大量流入により、これまでは治安機関がISの活動を抑え込んでいた国でも、テロ組織側の能力が向上することで、テロを抑え込めなくなる国が出てくる可能性がある。

これまで起きていなかった地域でテロが起き始めたり、テロの頻度が増えたり、それまでとは異なる手口のテロが起き始めた場合、テロ組織の能力が上がり、治安機関の抑えが利かなくなってきている兆候と捉えることが出来る。

今回は昨年12月にヨルダンの首都アンマンで発生したテロ事件から、ヨルダンにおけるISの影響力拡大について考えてみたい。

続きはこちら

旧メールマガジン読者の方へ

海外展開する企業から国際問題に感心を持つ学生の皆さんまで、幅広い読者にご購読いただいている有料メルマガ『国際政治アナリスト菅原出のドキュメ ント・レポート』が、スマホやタブレットでさらに読みやすいアプリ『菅原出 グローバルアナリシス』になりました!

菅原出事務所

Copyright © 2016 Izuru Sugawara. All Rights Reserved