新着情報

トランプの「ミサイル攻撃」は紛争・対立の火に油を注ぐか?

2017/4/10 グローバルアナリシス

■トランプの「ミサイル攻撃」は紛争・対立の火に油を注ぐか?



予測困難性」と「柔軟性」がトランプ・ドクトリンの柱?

4月6日に米国がシリアの空軍基地に軍事攻撃を実施して以来、米トランプ政権の対シリア政策について注目が集まっている。

シリア内戦が始まって以来、米国が初めてアサド政権に対して軍事行動をとったことで、内戦の戦略構図にどのような変化が生じ、今後内戦にかかわる国々や諸勢力がどのような対応をとるのか。今後の動向について考えてみたい。

続きはこちら

旧メールマガジン読者の方へ

海外展開する企業から国際問題に感心を持つ学生の皆さんまで、幅広い読者にご購読いただいている有料メルマガ『国際政治アナリスト菅原出のドキュメ ント・レポート』が、スマホやタブレットでさらに読みやすいアプリ『菅原出 グローバルアナリシス』になりました!

菅原出事務所

Copyright © 2016 Izuru Sugawara. All Rights Reserved