新着情報

米軍が投下した大規模爆弾とアフガニスタンにおける米露対立

2017/4/18 グローバルアナリシス

■米軍が投下した大規模爆弾とアフガニスタンにおける米露対立



4月13日に米軍がアフガニスタンで使用した大規模爆風爆弾(MOAB)が話題を呼んでいる。

MOABは、米軍が保有する爆弾の中で、核兵器を除くと最も破壊力があるとされるもので、実戦で使用されるのは初めてのことだった。

スパイサー大統領報道官は記者会見で「イスラム国(IS)戦闘員が移動に使っていたトンネルや洞窟を狙った(『共同通信』)」と説明。アフガニスタン国防省は16日、MOABによるIS戦闘員の死者数が96人に上ったことを明らかにした。

続きはこちら

旧メールマガジン読者の方へ

海外展開する企業から国際問題に感心を持つ学生の皆さんまで、幅広い読者にご購読いただいている有料メルマガ『国際政治アナリスト菅原出のドキュメ ント・レポート』が、スマホやタブレットでさらに読みやすいアプリ『菅原出 グローバルアナリシス』になりました!

菅原出事務所

Copyright © 2016 Izuru Sugawara. All Rights Reserved