新着情報

トランプ政権が進める対北朝鮮「強制外交」

2017/4/24 グローバルアナリシス

■トランプ政権が進める対北朝鮮「強制外交」



4月23日、海上自衛隊の護衛艦2隻と、朝鮮半島に向かう米海軍の原子力空母「カール・ビンソン」を中心とする空母打撃群が、西太平洋で共同訓練を開始した。

朝鮮半島情勢は、4月7日の米中首脳会談において、トランプ大統領が「中国が協力しないなら単独で行動をとる」と発言したことをきっかけに、緊迫の度合いを強めている。

北朝鮮が6回目の核実験の準備や新たなミサイル発射実験を行う可能性が高まっていることから、北朝鮮がこうした挑発的な行動に出た場合、もしくはそうした行動を阻止するために米国が軍事行使を行うのではないか、そしてその場合、北朝鮮の報復攻撃が韓国や日本にも向けられる可能性がある、として俄かに戦争に対する懸念が強まっている。

続きはこちら

旧メールマガジン読者の方へ

海外展開する企業から国際問題に感心を持つ学生の皆さんまで、幅広い読者にご購読いただいている有料メルマガ『国際政治アナリスト菅原出のドキュメ ント・レポート』が、スマホやタブレットでさらに読みやすいアプリ『菅原出 グローバルアナリシス』になりました!

菅原出事務所

Copyright © 2016 Izuru Sugawara. All Rights Reserved