新着情報

「湾岸危機」で高まる東アフリカの紛争リスク(上)

2017/8/14 グローバルアナリシス

■「湾岸危機」で高まる東アフリカの紛争リスク(上)



ペルシャ湾と東アフリカ地域は、武力紛争、国境を超えたイスラム過激主義、組織犯罪(海賊行為、人身売買、マネーロンダリング等)など、地域に共通する脅威と脆弱性が複雑に絡み合う地域である。

現在進行中の「湾岸危機」すなわちサウジアラビア・アラブ首長国連邦(UAE)・エジプト・バーレーンのアラブ4ヵ国とカタールの政治的・外交的な対立は、中東地域にとどまらず、歴史的にこの地域と関係の深い東アフリカ地域の安全保障にも大きな影響を与えかねない大問題である。

湾岸危機が、予想以上に長期化している背景の一つに、この問題が当事国同士の対立にとどまらず、周辺地域や東アフリカ地域で両勢力が支援している勢力間の対立にまで影響を与え、さらに状況を複雑にさせていることがあると考えられる。

続きはこちら

旧メールマガジン読者の方へ

海外展開する企業から国際問題に感心を持つ学生の皆さんまで、幅広い読者にご購読いただいている有料メルマガ『国際政治アナリスト菅原出のドキュメ ント・レポート』が、スマホやタブレットでさらに読みやすいアプリ『菅原出 グローバルアナリシス』になりました!

菅原出事務所

Copyright © 2016 Izuru Sugawara. All Rights Reserved