新着情報

ラスベガス銃乱射事件を考える

2017/10/3 グローバルアナリシス

■ ラスベガス銃乱射事件を考える



すでに日本のメディアでも大きく報じられている通り、10月1日の午後10時過ぎ(現地時間)に、米西部ネバダ州ラスベガスの中心部で、男がホテルの32階の部屋から近くの野外コンサート会場に向けて銃を乱射し、少なくとも58人が死亡、527人が負傷する事件が起きた。

米史上最悪の銃乱射事件である。容疑者はネバダ州メスキート在住のスティーブン・パドック。同容疑者は機動隊がホテルの部屋に突入する前に自殺しており、現時点で犯行の動機は明らかになっていない。

過激派組織「イスラム国(IS)」は、「ISの兵士」による犯行だ、とする犯行声明を出しているが、今のところ容疑者の動機が明らかになっておらず、警察当局は容疑者とISの関連は不明としている。

続きはこちら

旧メールマガジン読者の方へ

海外展開する企業から国際問題に感心を持つ学生の皆さんまで、幅広い読者にご購読いただいている有料メルマガ『国際政治アナリスト菅原出のドキュメ ント・レポート』が、スマホやタブレットでさらに読みやすいアプリ『菅原出 グローバルアナリシス』になりました!

菅原出事務所

Copyright © 2016 Izuru Sugawara. All Rights Reserved