新着情報

危険なほど高まる米・イラン間の緊張

2018/10/06 グローバルアナリシス

■ 危険なほど高まる米・イラン間の緊張

米国とイランの対立が激化しており、今週、ニューヨークで開催された国連総会でも、両国首脳が激しい舌戦を繰り広げた。トランプ米政権は、欧州や中国、ロシアといった国々が、米国の対イラン制裁に非協力的な態度をとっていることに対する苛立ちを強めており、より一層イランに対する圧力を強めている。

ユーフラテス川東側を狙うトルコ

9月末、ジョン・ボルトン国家安全保障問題担当大統領補佐官とジェームズ・ジェフリー国務省シリア担当特別代表がそれぞれ、「イランがシリアから撤退するまで米軍駐留を継続する」とコメントした。

米国はこれまで“過激派イスラム国(IS)の掃討作戦のため”にシリアとイラクに米軍を派遣してきたが、その任務が「イランの軍事プレゼンスの排除に変更になり、軍事任務が拡大したことを示すもの」として米メディアで話題となった。

続きはこちら

旧メールマガジン読者の方へ

海外展開する企業から国際問題に感心を持つ学生の皆さんまで、幅広い読者にご購読いただいている有料メルマガ『国際政治アナリスト菅原出のドキュメ ント・レポート』が、スマホやタブレットでさらに読みやすいアプリ『菅原出 グローバルアナリシス』になりました!

菅原出事務所

Copyright © 2016 Izuru Sugawara. All Rights Reserved